木の器 サワクラフト

木の器 サワクラフトは、岩手県洋野町にある木製食器の工房です。 木工ロクロを使用し、大野木工の伝統的手業で木の器を製作し、販売しております。

大野木工を知る

大野木工を知る
Online Shop
  • 木の器 サワクラフト
  • 大野木工とは

    「木の器 サワクラフト」の原点である「大野木工」は、岩手県洋野町にある木製食器メーカーです。

    日本で初めて木の強化法「プレポリマー含侵法」を採用し、木製食器の先駆けとして全国的に知られるようになりました。
    木材を加工する技術の高さには定評があり、現代の名工を2人輩出しています。

  • 木の器 サワクラフト

    大野では現在も「一人一芸」の魂は受け継がれ、
    地域資源を活用した製品を数多く生み出しています。

  • 一人一芸の里

    合併して洋野町になる前の話、岩手県北部に大野村という小さな村がありました。

    豊かな自然に恵まれていましたが、夏のヤマセの影響で村人達は出稼ぎに頼らざるをえませんでした。
    「村で家族と暮らしたい…」
    そんな若者たちから、切実な思いを受けたのが工業デザイナー秋岡芳夫氏です。

    1980年、秋岡氏の提案により、地域の資源を生かした産業の構築を目指し” 一人一芸の村づくり” が考案されました。
    「大野には豊かな山林と出稼ぎ大工の技がある」秋岡氏の呼びかけを受け、木工作家時松辰夫氏を招き、村人たちは木工ロクロの技術を修得。地産の木を活用した木製食器メーカー「大野木工」はここから誕生しました。

  • 木の器 サワクラフト
  • 木のぬくもりを子供たちへ

    なかでも話題となったのが学校給食器への導入です。
    “地元の職人が地元の木で作った器を、地元の子供たちに使ってもらいたい”
    山村の豊かな生活文化の提案として、全国に大きな反響を与えました。
    現在では、全国200か所以上の保育園で大野木工の食器が使われています。

  • 木の器 サワクラフト
  • 大野木工をくわしくお知りになりたい方は、展示室がある「おおのキャンパス」に足をお運びください。
    現在は道の駅が併設され、地域の魅力を発信しています。

    一人一芸の里おおのキャンパス

    〒028-8802
    岩手県九戸郡洋野町大野第58地割12-30
    TEL:0194-77-3202
    FAX:0194-77-3203

Copyright© SAWACRAFT All Rights Reserved.
TOTOP